zoomで電話が使える!?究極のビジネスフォン登場!zoomphone

ZoomPhone契約しちゃうよね・・・

by 安斎直紀

はいどうも!
オーガニック安斎改 サンクチュアリ安斎です!
長らく時間が空きましたが、めっちゃ生きてますし逞しく元気です。

さてここから色々またやっていきますが、ちょいとすごいキーワードが舞い込んできたんスよ。

「zoomphone」

なになに?zoomがとうとう「ズームフォン」として電話業界に入ってきて、ソフバンやドコモと戦うの?って思ったんですけどもそうじゃないみたい。
zoomアカウントで電話かけられるようにるってサービスらしい。
そして最終的には導入してしまった話です。

■そもそも「ZoomPhone」ってなに?

  • zoomphoneユーザー同士なら、電話中からビデオ会議にそのまま突入できる
  • 内線、外線機能がある
  • 受発信を録音できる(クラウドに保存できる)
  • IVRが使える(~の方は1番~の方は2番を押してくださいのあれ)
  • 時間外アナウンスを設定できる
  • 管理者アカウントでユーザー管理できる
  • ダッシュボードついてる

他にももっと色々あるんでしょうけども、自分にとっては上記の機能だけで契約する価値あるなって思いました。
正直クラウドフォン導入は相当検討していて色んな会社にあたってみたけども、全部かゆいところに手が届かなかったんですよ。

「導入費用が高い」とか「管理者機能無い」とか、「録音できない」「どこからかかってきたはわからない」「スマホとPCでアカウント別に買わなきゃいけない」「スマホのアプリが有料」・・・
あげればキリがないくらい、うーん・・・って感じだったんです。
そこに来たよね

「ZoomPhone」

もうね、回しもんか!って言われてもいいくらいに気に入って使っております!

■どんな使い方をしてるの?

じゃそもそも、私サンクチュアリ安斎がどのような使い方をしているかを紹介していきます。

1、デスクにいるときはPCで、外に出てるときはスマホで仕事の電話を受ける
これね、非常に重要で、zoomのアカウント1つあればPCでもスマホでも電話受けれるのよ。
しかも切り替えとかいらない!
自分の個人用携帯のzoomのアカウントをそれにしちゃえば社用携帯と自分の携帯を持ち歩くとかっていう不毛な事はしなくて良くなるんですね。

2、時間外は時間外アナウンスを流す
これも重要で、時間外の電話は出なきゃ良いんだけども、ずっと鳴ってる電話を放置するメンタルは持ち合わせてないんスよ・・・

そこで時間外は時間外ですよっていうアナウンスが流れて留守電モードになるんです。
休日とかも設定できるので最高!

こんな感じで、簡単に対応時間を休日設定ができちゃうんスな。

しかも、今までは留守録あるとさ専用の番号にかけてそれを聞くってのをやってたんだけども。
これだとすぐメールでボイスメールとして届くの確認もしやすいしね!

3、大事な会話を録音
自分みたいなすぐ忘れちゃうやつは、大事な説明をされているときは録音をして後から聞き返せるようにしてる。
この機能って部下とかが、やばい電話対応してクレームとかになってるときとかは、管理者で電話内容を確認して指導もできるので、使い方によっては非常に便利!
※だけども録音していることはしっかり周知しようね

4、電話帳はGoogleコンタクト
これは、他の仕事用スマホ使ってる人は同じだろうけども、PCでもスマホでもGoogleコンタクトを電話帳で使えば同期も簡単!

5、すぐビデオ会議突入
外に出てるメンバーと電話で話すときとかに、画面見せたりするためにすぐビデオ会議に突入できるのが便利すぎる!

6、リーズナブル(zoomphone 価格)
国内通話無制限で2688円ってきいてやば!ってなったよね。
そもそも上記1~5の機能ついて、月2688円ならそりゃ使うよ・・・

■まとめ

長くなってきたからまとめます!

簡単に言うと

・PCとスマホでアカウント切り分けや追加アカウント無しで両方で使える
・録音できる
・機能の割にやすい

この3つで導入した感じです。


後日ZoomPhoneの初期設定方法もアップしていくので是非見ていってほしいです!

ではっ!

■その他の記事

▼EC最適化シリーズ

ECの成功はバックヤード最適化からだ!
 └ ECバックヤード完全自動化までの道【プロローグ】
 └ ECバックヤード完全自動化までの道第一歩【品番の最適化】

▼ビジネス関連

ビジネスに役立つ最新ツールなど

 └ zoomで電話が使える!?究極のビジネスフォン登場!zoomphone

▼安斎雑多シリーズ

お酒とか食べ物とかテニスとか、変なもの買ったりバイクで出かけたり・・・なんなん!

 └ 安斎雑多シリーズ一覧へ

たぶんこれらの記事も興味あるかと・・

本サイトはユーザーの利便性向上を目的に、Cookieを使用しています。「同意する」をクリックいただき、Cookieポリシーに同意をお願いいたします。 同意 詳細